HOME>ホットトピックス>弁護士に相談するのが返済不能な借金解決の近道

借金を返せなくなったら相談

弁護士バッジ

長年ローンを利用していれば、返済が大変になることはあるでしょう。ちょっと節約すれば乗り切れるような状況なら大丈夫ですが、完全に返済の見通しが立たなくなったときは弁護士に相談してください。名古屋には債務整理に精通した法律事務所が多く、親身になって相談に乗ってくれます。返済を延滞してから相談する人が多いですが、このタイミングでは遅すぎます。このままだと延滞を避けられないと認識したときが相談する時期です。相談は30分未満で終わることが多く、今後の方針などを話し合っていきます。弁護士に相談する時点で返済に行き詰っているので、相談後はほとんどの人が受任契約をします。

債権者からの取立てを止める

相談

借金は1週間くらい延滞すると、確実に催促が始まると考えてください。大抵の金融機関は3日以内に電話を入れてきますし、早いところだと延滞した日の翌営業日には連絡を入れてきます。名古屋の弁護士に債務整理をまかせれば、どんなに厳しい取立ても即刻止められます。

無理のない金額に圧縮

男性弁護士

名古屋の法律事務所で債務整理すれば身の丈に合った金額まで借金を圧縮し、今後の返済を楽にできます。国が認めている正当な解決方法であり、債務整理をしたからと言って犯罪者になることはありません。5~10年間はローンを使えなくなりますが、収入の範囲で生計を組み立てれば乗り切れます。

広告募集中